こんにちは。

 

幸せなお金持ちを目指す父親投資家Yです。

 

2017年は仮想通貨元年とも言われました。

 

あなたは仮想通貨を保有していますか?

 

私は、

仮想通貨を数種類ですが、

保有しています。

 

今回は、

仮想通貨への投資の体験から感じたことを書いていきます。

 




 

私の保有する仮想通貨

BTC(Bitcoin:ビットコイン)

BCH(Bit coin cache:ビットコインキャッシュ)

ETH(Ethereum:イーサリアム)

XRP(Ripple:リップル)

 

上記の4種類を保有しています。

 

購入後、

まだ一度も売却をしたことはありません。

 

購入理由は、

BTC(ビットコイン)は、最も有名で、

盛り上がってきていたから。

 

その他のコインはいろんな情報を得て、

今後の成長性を感じたからです。

 

購入後、どうなったか?

ある程度、

時期を分けて購入しました。

 

一時期、

合計で100万円以上の含み益が出ていましたが、

その後、

全体的に暴落し、

今は多少の含み損が出ています。

 

含み益が出たとき、どう感じたか?

一時期、

全体が右肩上がりで、

すぐに数十万円の含み益が出るなど、

IPO投資などをコツコツするのが馬鹿らしいんじゃないか、

とも感じました。

 

しかし、

含み益が出ているときに、

これで利益が出ても対して儲からないな、

と思いました。

 

その理由は利益に対する税制にあります。

 

仮想通貨で得た利益に対する税制は?

現時点で私の知る限りでは、

仮想通貨の売却または使用することによって生じた利益は、

原則として「雑所得」で、

所得税の確定申告が必要とされています。

 

雑所得とは、

所得税における課税所得の一つです。

 

累進課税によって、

給与による所得が大きくなれば、

その分多く課税されていきます。

 

現時点の税制では、

課税される所得金額と税率は、

以下のようになっています。

 


195万円以下 → 5%

 

195万円を超え330万円以下 → 10%

 

330万円を超え695万円以下  → 20%

 

695万円を超え900万円以下 → 23%

 

900万円を超え1,800万円以下 → 33%

 

1,800万円を超え4,000万円以下 → 40%

 

4,000万円超 → 45%


 

ですので、

例えば課税される所得が900万円だとすると、

 

33%が課税され、

更に10%の住民税が課税されます。

 

仮想通貨投資で100万円の利益が生じても、

43%(43万円)は国(税金)で持っていかれます。

 

よって手残りは57万ほどに減少します。

 

収入によっては半分以上持っていかれます。

 

さらに損失が出ても、株式などと違って、損益通算ができません。

 

損したら、損するだけです。

 

仮想通貨で大儲けした人が多額の税金を払うのが嫌で、

海外に移住するという話もありました。

 




 

今後の展望

仮想通貨自体には、

成長する可能性はあると思っています。

 

今さらに買い増ししておけば、

将来大きく儲けることができるかもしれません。

 

ただ、

税制(雑所得としての扱い)がひどいので、

株式などと同様に、

申告分離課税になるか、

仮想通貨そのものの実用性が高くなってくるかなどしない限り、

仮想通貨への投資に積極的になれないと感じています。

 

今後の変化に期待しています。

 

(現時点での税制などについて認識が誤っていたらすみません)